秋期『産後セルフケアアドバイザー』養成スクール開講いたしました!

こんにちは、養成事業部の新井和奈です。

台風の影響で週末は雨の地域も多いよう。

みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?


9/14(水)『産後セルフケアアドバイザー』養成スクールを開講しました。

産後がこんなに大変とは知らなかった!

産む前に知っていれば…


産後の孤独感、痛み、辛い想いを、

友達や後輩、子どもにさせたくない。


誰かの役に立ちたい!

それがここに集ったみなさんの共通の想いでした。



10名の方たちと『産後』について正しい知識を身につけ、

互いの知見を共有し学びを深め、ここから広く世の中に

『産後ケア』の必要性について発信していきます。


3期目はなんと、初めて男性2名のお申し込みが!

男性から産後はどう見えるのか?

マドレボニータとしても新たな気づきを得るチャンス。


多様な視点を取り入れ、

より良いプログラムを育てていきたいと思います。



第1回は「産後を知る」というテーマで

産後の家族を取り巻く社会的背景や産後の危機、

”取り組む産後ケア”などについて、

事前に動画教材で学びます。


そこから何を感じて、

「自分はどんなふうに産後ケアを伝えていきたいのか」を

ペアワークでじっくりお話する時間をとりました。


助産師、会社員、元警察官、市議会議員、厚労省の職員、

多様なバックグラウンドをお持ちの方と対話し、

アウトプットする方法も具体的に言葉にしたことで


産後を迎えていない人に、産後の課題を伝えるためには?


自分ごととして受け止めてもらうためには?


感情に訴える、エビデンスを示す、その両軸で伝えていく…

自分ができる最初の一歩を、それぞれ考え、

アクションプランまで落とし込んでいきました。


『産後』に関心を寄せ、そこに希望を見出しているみなさんと

専門的な知識やスキルを身につけながら、

未来に出会う誰かに届く言葉・伝え方を探る。


私たち養成事業部メンバーもともに、磨き、

洗練させ、いっそう産後ケアの啓発を行いたいと思っています。