私の選択は間違っていなかった-養成スクール生インタビュー③桐原沙織さん

2021年6月21日更新

▼『新しい養成スクール』公式サイトはこちらです みなさんこんにちは!養成事業部の長野奈美です。


養成スクールの第6週が始まります。

第10週には身体スキル、ボールエクササイズなどの実技試験(録画審査)

第11週にはセルフケアとコミュニケーションワークのリードなどを

審査をするオンライン実技試験が控えています。


泣いても笑ってもあと4週間!


実地研修に出られる最低限のスキルを身につけないと、

ご参加者の前には立てないというのが、

マドレボニータの養成スクールの一番の厳しさです。


ここからが本当の勝負! 

追い込みの時期に入っていきます。

ぜひみなさんからも、

養成スクール生へのエールをお願いします!


今週の養成スクール生インタビューは

桐原沙織さん(さおりん、埼玉県戸田市在住)です。

もともとの、クールビューティーなイメージから、

温かな笑顔と「華」がかおり立ち始めています。



▶︎覚えることが多いのはつらい…


-(さおりんは毎朝5キロほど走るのが日課)今朝も走ってきたのですか?


今日はお休みしました(日曜朝にインタビューしています)。

何がなんでもという感じで平日は毎日走っていますが、

最近は時間の使い方と体力の配分を考えないとなと思っています。


平日はボールの練習をしたり、

身体スキルのトレーニングで4時間ほどは動いているので、

自分で撮影した動画を振り返りしているときに

ボーっとして頭が働かなくなったりしてしまって。


まだ自分の限界値というか、

どこまでできるのかということがわかっていないので、

試行錯誤していくしかないのかなと思っています。



-第5週を終えてどうですか?


私は第3週(5/31からの1週間)が一番きつかったです。

セルフケアもコミュニケーションワークも、

丸ごと1単元分、覚えることが重なった。

覚えることが多いのが一番きついです。


体も動かしたいんだけど、覚えることも多い…と

もどかしかったです。


それを超えて今は、

粛々と淡々と課題と向き合えるようになってきています。

キャパが広がったかなという実感も。


それでも先週は課題の進め方を

うまくコントロールできなかったなという反省があります。


締切日の金曜日に、どれもこれも満足いかなくて、

動画提出課題の4本全部を撮り直しました。


とにかく動く、とにかく覚えるというところに時間を使いすぎていて、

振り返る・考察するという時間が足りていない状況です。


覚える課題(リードのセリフ)は土日から覚え始めています。

録音して走りながら聞いたりして…

インプットして、それをアウトプットして…

を繰り返さないと定着していかない。


そして課題は次々来るので(笑)。

最初の方に取り組んだリードは、やる頻度が減っているので、

また忘れているかな、という不安もあります。



▶︎笑顔も鍛えられる!


-笑顔が変わってきましたよね!


1週目に「さおりんは笑顔だよね」と言われたときに、

「昔から私は笑えないし」みたいに思っていたですが、

鍛えたら鍛えただけ笑顔も変わってくるんだなって。


口角も上がるようになってきたし、

笑顔が自然になってきたと思っています。

あとは目元、かな。



-この1ヶ月。心と体はどうでした?


1週目には体調を崩しかけたのですが、

体調が戻ってきたら、もともと体力はあるので、

体は快適です。


気持ちが落ち着かないと

課題に集中して取り組めないことを改めて感じています。


共に学び合う同期の気持ちが揺れていると、

心のダメージになるんだなと。


自分はこの道でやっていく、という覚悟を決めて

養成スクールに入ってはいるけれども、これから先には、

気持ちが折れる時も、体がついていかない時もあるんだろうな、

と考える出来事でした。


1週目から長女・次女が体調崩したことはありましたが、

夫は理解して協力してくれていて、

私の意志を尊重してくれています。



▶︎ひとつの働き方にこだわらずに生きていきたい


-会社員から転身された今、どんなお気持ちですか。


もともと2年ほど前からマドレのインストラクターになりたくて、

インストラクター合宿ものぞいてみたりして、

自分が本当にやりたいかどうか見極めてきました。


夫も会社員だけど、副業を始めながら、

私の収入が減った時に備えていってくれています。


会社員時代よりも収入が減ったり、

波がある時もきっとあるけれど、

「この道で頑張るしかない。収入がゼロになるわけじゃない」

と思っています。


自分に余裕があったり縁があれば、きっとこの先も、

これまでの事務職の経験が生きる働き方もできるはず、

と思っているので、

ひとつの働き方にこだわらずに生きていきたいと考えています。



▶︎「一緒につくっていくスクール」で学べるうれしさ


-長らく外側からマドレボニータを応援してくれていましたよね。


いい意味で、外側から見た時と内側から見たギャップはないです。


先日のスクーリングで

今年策定した「マドレボニータの行動規範」

読み込む時間がありました。


昨年一年間、団体の中で世代交代があったり、

多くのインストラクターが卒業されていったりということがある中で、

「団体をよりよくしていこう」というところを

ちゃんと体現できていると感じました。


マドレらしい、マドレの哲学に基づいた規範で、

うれしかったし、安心しました。

やっぱり私の選択は間違っていなかったんだなと。


スクールも今年がリニューアルした初年度ということで

「一緒につくっていきましょう」

というのを感じられて、

のびのびと自分の力を発揮しながら課題に取り組めています。


私も会社員時代には、後輩に「私もこうやってがんばってきたんだから、あんたもがんばんなさいよ」みたいな、厳しさを求めることをしてきたけれども、

厳しさじゃなく、のびのびやれることを大事に考えてくれていることに、感動しています。


「この動きは正しいんですか?」と質問をしても、

私が考えたことも聞いてくれて、その上で

「この動きにはこういう意図があって」と話してくれたり、

スクール生のことも尊重してくれていると感じています。


一緒に創り上げていくスクールなんだなと感じています。





*************

桐原 沙織(きりはら・さおり)

1983年群馬県生まれ、埼玉県戸田市在住。

夫、小3長女、小1次女、年少長男の5人家族。

趣味はランニング。

第3子産後からマドレ正会員となり、産後セルフケアインストラクターを目指す。

養成スクール生としての日々は、ブログ「Be myself!」に綴っています。


*************


▼養成スクール生インタビュー連載中です☆

養成スクール生インタビュー①平野聡恵さんー「やりたい!」自分の気持ちにかけてみたい

養成スクール生インタビュー②宮澤千尋さんー産後の闇に落ちた私だからこそ