専業主婦でも、転勤族でも、できるんだー『産後セルフケア指導士』インタビュー

最終更新: 7月17日

2021年7月16日更新

▼『新しい養成スクール』公式サイトはこちらです


こんにちは!養成事業部の貫名友理です。


2021年新規開講した「マドレボニータ養成スクール」

前期3か月間のプログラムを修了された

『産後セルフケアアドバイザー』のみなさまの

リレーインタビューをお届けしておりました。


リレーインタビュー①本来持っている力を信じるー野田綾さん

リレーインタビュー②こどもの未来に貢献できる大人の育成ー橋本良和さん

リレーインタビュー③自分が産後ケアの担い手になる!ー丹羽洋子さん

リレーインタビュー④育休中の新たな学びと活気あるコミュニティー貝沼まりやさん

リレーインタビュー⑤「黒子で終了!」じゃない私がいるー渡邉さやかさん

リレーインタビュー⑥医療的ケア児の母にも産後ケアをー田代亜沙美さん

リレーインタビュー⑦『産後ケア』を大切な人へ贈りたいー愛葉千景さん

リレーインタビュー⑧みんながセルフケアできる社会をー吉村ゆかりさん

リレーインタビュー⑨サポートする立場から”担い手”へー林有美さん


今回は

そんな『産後セルフケアアドバイザー』のみなさまと3か月ともに学び

マドレボニータ准認定『産後セルフケア指導士』となった

金沢在住、小山田由貴さん(ゆっきー)のご紹介です。

2人のお子さんの母であり、

専業主婦の経験を経て

現在、『産後セルフケア指導士』として活躍するゆっきー。


転勤族の妻として変化することを楽しんで活躍の場を広げる姿に、

エンパワメントされる時間でした。


(左から、ゆっきー&インタビュアーの貫名 )


▼ずっと挑戦したかった


実は2019年、

『ボールエクササイズ指導士』養成コースにエントリーしたのですが、

通らなかったんです。


その後も、マドレボニータ のことはずっと応援していて、

「母になっても一人の大人として生きる」を体現し続ける、

団体としても様々な挑戦をしていることに共感していて、

何らかの形でもっと自分ができることはないだろうかと考えていました。


2021年から新しい養成スクールが始まると聞いて

すぐに説明会に参加。


『指導士』と『アドバイザー』コース、

どちらでエントリーするか迷ったんですが

体を動かしてから対話するという、マドレのレッスンの流れが好きだったので、

『産後セルフケア指導士コース』を選びました。


体を動かさないでいると、

ガチガチになっていることにすら気づけない、

ストレッチで自分の体を手入れする心地よさを伝えられる。


覚えることが多くて大変でしたが

指導士コースを選んでよかったと思っています。



▼毎週土曜日のスクーリングを受講する上での最初の壁


まず、スクーリングを集中して受講するために、

こどもをみてもらい、自分ひとりの時間を確保する、

ということへのハードルがありました。


今まで週末は家族4人で過ごすことがほとんどだったので、

夫にお願いするにも反応が予測できず、

どうなるかわからない不安がありました。


でも挑戦したいことを伝えて、毎週土曜日の午後(13時から15時半まで)

こどもたちをみてほしいことを話したら、

「いいよー」とすんなり2つ返事だった。笑


「あ、いいんだ」という感じで^^


夫は毎週こども2人を連れて、

近所の公園や施設に連れていってくれました。


施設の人とも仲良くなって帰ってきたり、

こどもと一緒に過ごすことは楽しんでいた一方で、

2人のこどもが別々の場所に行きたがって、

大人ひとりで2人のこどもをみるのが大変だったようです。


その経験を通して、

「これを毎日経験していたんだね」

私の日常を理解してくれたり、

労ってくれてすごく嬉しかったです。


「ありがとう」を伝え続けて、