企業経営層のみなさまへ「復職支援プログラム」のご提案

こんにちは。

マドレボニータの山本です。


10月1日から、

育児・介護休業法において

・育児休業の分割取得

・出生時育児休業(産後パパ育休)の新設

が施行されました。

ただ、どれだけ制度が整っても

新しい家族を迎える貴重な時間を

どれだけ充実したものにできるか?は

まだまだ個人の力量に任されている部分も

多いように感じます。

マドレボニータでは長らく

女性の復職支援プログラムにも

力を入れてきました。



産後ケア教室の受講者は、非受講者に比べ、

復職に対する前向きさの向上が見られました。

キーワードは

「産む前から」

「夫婦で」

「産後のプロジェクト化」

女性のみならず、男性にとっても

この3つのキーワードは

大きな意味を持つと思います。

マドレボニータのプログラムで

社員の「育休」の意味と結果が変わります。


約9割の受講者において「産後」の固定観念が払拭され、

ほぼ全受講者が心身のリハビリを通じて、

復職の土台作りを行いたい、もしくはサポートしたいと感じています。

また、企業全体でも

産前産後について学び、

当事者にはどんなケアが必要か

周りはどんなサポートができるのか?

等を一緒に考え、体制を作っていくことは、

企業力を上げる大きな力になるはず。

私たちは産後ケアをお伝えしていますが、

ここで得られる学びは産後のみならず、

社員のみなさまのご病気やご家族の介護など

家族にまつわる不測の事態にも対応できる力を

身につけられるものだと思っています。

マドレボニータの

「復職支援プログラム」についての

詳しいご案内はこちらをご覧ください。


我が社でもこんな機会を持ちたい!!という

オーナーのみなさま、人事部のみなさま

ぜひお気軽にご相談ください。