アドバイザリーボードミーティングを開催しました。

2022年7月28日(土)

アドバイザリーボードミーティングを

開催しました。




今回もエチオピア・アメリカ・日本をつなぎ、

各事業部担当者より進捗報告と、

10月からスタートする新年度の事業計画を共有し、

ご意見をたくさんいただきました。

「すべての家族に産後ケア」という

マドレボニータが掲げる大きな目標に向け、

今、私たちが持っている力で、

どれだけうねりをつくっていけるのか。

そのために、やりたいことは

本当にたくさんあります。

でも、限りあるリソースの中で、

団体としてそれを満遍なく

実現していくのは

本当に難しく・・・。

私たちはその難しさに直面して、

日々、対話を重ね、もがきながら

計画を立ててきました。

そんな私たちの計画に対し

私たちの強みや魅力を誰よりも理解し、

応援くださるアドバイザーのみなさまからは

今すでにあるものを丁寧に扱い

その価値を世に発信していく大切さ

とことん「何を大事にしたいのか?」

「どうありたいか?」を掘り下げることの大切さ

そして何より!

まずはお互いを労い合い、認め合い

自信を持って前に進む大切さを

教えていただいた時間となりました。

 

再び新体制となる3年目は

より広く大きな視点で、

遠くを見据えながら

さらに対話を重ねつつ、

団体の進む道を作っていきます。

次回、年明けのミーティングでは

より自信と力強さを持って

「これが私たちの道です」と

お伝えできるよう頑張って参ります。

アドバイザーのみなさま、今回も

たくさんの愛をありがとうございました。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


(文責:共同代表 山本裕子)