TOP / マドレボニータとは

すべての母が自らの力を発揮できる社会へ。

​すべての家族が育児を健やかに
スタートできる社会へ

マドレボニータの理念

実現したい社会

母となった女性が、産後の養生とリハビリに取り組み、本来持っている力を発揮できる日本社会

解決したい問題

産後うつ・乳児虐待・夫婦不和・M字カーブ問題など産後が起点となる社会問題

そのためにやること

1. 産後ケアの必要性を社会のすべての人に啓発する

2. マドレボニータの産後ケアプログラムを、ひとりでも多くの産後女性に届ける

3. 「美しい母」文化の旗振り役となり、すべての母が力を発揮するためのプラットフォームであり続ける

価値観

マドレボニータが定義する「美しい母」とは

・親となったことをきっかけに

・自分自身の生き方に向き合い、

・人としての真の美しさを

​・追求しようとする人のこと

「美しい母」文化とは

​「美しい母」たちの力がコミュニティや多世代に開かれ循環すること

 
 

マドレボニータの取り組み

マドレボニータでは、子育てする女性のために、産前産後の教室を中心とした、5つの活動を行っています。

DSC04548.jpeg

産前・産後ケアプログラム

産前から産後まで、女性の心と身体のためのエクササイズやセルフケアのプログラムを全国で展開しています。

IMG_4281.JPG

指導者養成

​質の高い産前産後ケアプログラムをご提供するために、インストラクターの養成・認定を実施しています。

マタニティケア教室のバランスボールエクササイズ

​産前・産後の調査研究

産前産後のケアプログラムの開発のため、さまざまな知見の収集・分析に取り組んでいます。

​研究成果は様々な書籍やスマホアプリにも活用されています。

マタニティケア教室のバランスボールエクササイズ

交流イベントやアプリでの啓発活動

産後ケア普及を目的とした交流イベントや講演会、妊娠中から産後への意識を促すスマホアプリの配布など、さまざまな啓発活動を行っています。

マタニティケア教室のバランスボールエクササイズ

法人向けサービスの提供

産後ケア普及に向けて、企業・自治体との連携を進めています。

​女性活躍推進法に基づく活動計画や、復職支援プログラムを展開しています。

マドレボニータでは各種助成金を活用した取り組みを行っています。過去の取り組みはこちら

ご支援のお願い

取り組みをより充実したものにするために、マドレボニータでは常時活動スタッフ以外にも、会員制度、応援制度、ボランティアスタッフの募集などを行っています。

 

団体概要

団体名称

特定非営利法人 マドレボニータ

所在地

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403

設立年度

・創立年月日  1998年9月3日(水)

・法人設立     2008年2月29日(金) 会社法人番号:0113-05-001509

設立趣意書

沿革

​定款

事業

【1】教室事業

産前産後ケア教室を全国で開催しています。

【2】養成事業

産前産後ケアプログラムを実施できるインストラクターを養成・認定しています。

【3】調査・研究・開発事業

​産後に関するさまざまな知見の収集・分析に取り組んでいます。

報告書

年次報告書

メディア掲載履歴

◯2019年以降

・2019年以降の掲載履歴はこちらをご覧ください。

◯2018年以前

​・過去の掲載履歴はこちらをご覧ください。

役員・事務局スタッフ

中桐昌子(共同代表理事)
山本裕子(共同代表理事)
永野間かおり(理事)
貫名友理(理事)
長野奈美(理事)
宮澤千尋(理事)

北澤 ちさと(事務局長)

木村 由樹子

​増田澄恵

監事

岡本 拓也(千年建設株式会社 代表取締役社長)

永田 恵美(ソーシャルベンチャーパートナーズ東京)

 

顧問税理士

岡田 純(税理士・行政書士) 

​ファウンダー 吉岡マコ

会員数

正会員72名 賛助会員60名 法人会員3社 マドレ応援団(マンスリーサポーター)87名

受賞歴

○2019年

  • American Express Leadership Award(アメリカン・エキスプレス財団・2019年)

​○2018年

  • 平成30年度「テレワーク先駆者百選」(総務省・2018年)

○2017年

  • 平成29年度「女性のチャレンジ賞」(内閣府男女共同参画局・2017年)

○2016年

  • 企業とNPOの共創コンテスト Co-creAction Award2016:最優秀賞(アイディール・リーダーズ株式会社・2016年)

○2015年

  • 東京都女性活躍推進大賞・優秀賞〈地域分野〉(東京都・2015年)

  • Googleインパクトチャレンジ:グランプリ【WomenWill賞】(Google株式会社・2015年)

○2014年以前

  • 第2回日経ソーシャルイニシアチブ大賞:国内部門賞(日本経済新聞社・2014年)

  • Rise Up Festa:優秀賞<介護・保育・生活支援分野>(株式会社三菱東京UFJ銀行・2014年)

  • 第14回テレワーク推進賞:奨励賞<雇用継続ならびに創出>(一般社団法人日本テレワーク協会・2014年)

  • ビジネスイノベーション・アワード2011:努力賞(社団法人 日本経営士会)

  • CSRヒトワク協働大賞2011:新発見賞(公益財団法人 みらいファンド沖縄)

  • CANPAN第5回ブログ大賞:フリーテーマ特別賞(NPO法人CANPANセンター・2010年)

 
 

マドレボニータの行動規範

認定NPO法人マドレボニータは、マドレボニータの運営、事業全てにおいて、参加するすべての人々とともに以下の保障をめざします。

​以下の文章の全ての主語は「参加する全ての人々」です。

1

その場の全ての人々が対等で、安心・安全な、敬意が示された環境を作ります。

2

人々が自由かつ完全に個人の個性を、「私は」を主語に表現することができる場所を作ります。

3

多様な価値観をもった人たちが集まっています。全ての人が同じ文脈を共有していると考えず、質問や異なる意見も率直に表明し合い、話し合います。

4

​年齢や経験年数、立場や性別の違いに関わらず、その場の全ての人の発言、考えかた、アイディア、スキル、貢献に価値があり、それを尊重することを前提とします。

5

人々が能力や熱意をもって生産的になれる方法を探します。自分とは異なる意見や提案に対しては批判や否定ではなく、質問や提案して対話を活性化させていくことを奨励します。

6

全ての人々をはずかしめる、自尊心を傷つける、軽視する、見下すなど、あらゆる方法で相手を心理的に傷つけることはしません。

7

もしそのつもりがなくても相手を傷つけてしまった場合は、第三者の仲介なども受けながら謝罪および和解を試みます。

8

違和感や過失など(誤解も含む)を広く人前で責めるようなことをせず、まず事実関係を本人に確認し、そこから学ぶ題材として特別に扱う時は、必ず本人に了解をとります。

9

すべての人が人格と尊厳をもった一人の人間であり、問題に向き合い、解決する力をもっていることを前提とします。

​相手を弱者として見下して扱うことは決してしません。

10

差別や嫌がらせのない環境を提供します。これらのポリシーに違反した人は誰であれ、行為の態様に応じ、厳正に処分されます。