menu description




– 略歴 –

■きっかけ
1972年12月27日生まれ。山羊座のO型ねずみ年。埼玉県入間市出身。’96年東京大学文学部美学芸術学卒業、その後同大学院生命環境科学科(身体運動科学)で運動生理学を学ぶ。1998年3月に出産し、産後の心身の辛さを体験。そのとき、母となった女性の健康をサポートする制度もサービスも日本にはまったくないことを知る。産後ケアの必要性がまったく重視されておらず、産後の心身の状態を知らずに出産する(させる)ことのリスクが重視されていないこの社会に違和感を感じる。同年9月に「産後のボディケア&フィットネス教室」を立ち上げ。


■産後ケアの開発
自らが経験した、心身ともにツラい産後の経験から「産後はダイエットではなくリハビリ!」「家族の幸せは母の健康から!」と痛感し、以来、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムの開発、研究・実践を重ねる。現場で研究・改良を重ねたプログラムは多くの産後女性の支持を受け、全国各地より要請を受ける。産後のヘルスケアの社会的な必要性を実感し、2007年11月にNPO法人マドレボニータを設立(2008年2月に登記)。


■普及と啓発
インストラクターとして吉祥寺教室を教えるほか、産後セルフケアインストラクターの養成・認定や、『産後白書』『マドレジャーナル』の発行など調査研究や社会への啓発活動にも力をいれている。そのほか、企業、行政、大学と協働するなど、団体として活動の場を広げる。2011年マドレ基金をたちあげ、ひとり親、多胎児の母、障害児の母など、社会的に孤立しがちな母親たちへの支援に着手。


■ムーブメントとしてのマドレボニータ
マドレボニータの発起人は吉岡マコだが、NPO法人としてのマドレボニータの活動は、個人にとどまらない公共性をもった、もっと広がりのあるもの。本人がカリスマになるのではなく、現在12都道府県に20人いる認定インストラクターや事務局スタッフ、役員、活動に賛同してくれた会員さんたちで、「マドレボニータ」というムーブメントを育て、日本に妊娠→出産→産後という途切れない周産期のヘルスケアのシステムを築いていきたいと思っている。

【著書】
『産後のからだセルフケアハンドブック』(子育て支援グループamigo)
『母になった女性のための産後のボディケア&エクササイズ』(講談社)
『母になる女性のための産前のボディケア&エクササイズ』(講談社)
『キレイになるバランスボール』(白夜書房)
『産前・産後のからだ革命』(青春出版社)
『出産して美しくなる~マドレボニータの産後ボディケア』DVDブック(泰文堂)
健康になる 産後エクササイズ  [DVD]』(発行:NHKエンタープライズ 販売元:ポニーキャニオン)
『産後ママの心と体をケアする本』(日東書院)

【テレビ番組】
NHK教育すくすく子育て「ごきげんエクササイズ」出演・監修(2009/1~3月)
Eテレまいにちスクスク出演・監修(2014/3月)

【連載】
AERA with Baby 「mama’s beauty」(2007~2008)
赤ちゃんとママ(2011年5月号~2013年4月号)
ペリネイタルケア(2011年4月号〜2012年3月号)

【インタビュー】
2013-03-03
■英字新聞JAPAN TIMES
Battling the postpartum blues
Japanese women strive to empower themselves

2013-01-30
■WEBマガジン「greenz」
“美しい母”が増えれば、世界はもっと良くなる! 産前・産後女性の心とからだのセルフケアをサポートする「マドレボニータ」

■日経Bizアカデミー
ソーシャルビジネスの顧客と市場をつくる経営手法 〜 マドレボニータのケース(上)
社会を良くするエコシステムが生まれていく 〜 マドレボニータのケース(下)

2012-07-11
■ギャップイヤー協会
第12回 「産後のヘルスケア」という領域を開発し、「出産→育児」に対して「出産→産後」という文脈を切り開いたNPO「マドレボニータ」

ママリブインタビュー
ALL ABOUTチビタス(周産期ジャーナリスト河合蘭さんのインタビュー)
共同通信47ニュース「子育てさがし」